添付文書向けソリューション

添付文書プラグイン

今までSGMLデータはユーザが直接編集するのは難しく、ユーザはWordファイルを編集してそれを印刷会社に渡してSGML化するのが一般的でした。印刷会社へWordを渡した後も変更が発生することが多く、結果として変更作業を行う際の起点(マスター)とすべきドキュメントがユーザの手元にない状態になっていましたが、crossnoteを使うことで、マスター―を自ら管理することができるようになります。

構造化ドキュメントである添付文書に対し、crossnoteを使えばSGMLやXMLなどの知識が無くても通常のドキュメントを操作するようにユーザ自ら編集・管理できます。 ユーザは内容の作成・変更作業に集中し、印刷会社へXMLデータとして渡すことで、データ接続にかかるバリデーション作業を大幅に減らすことができます。

今後、添付文書の記載要領の改正に合わせ、新XMLスキーマへの対応を進めます。

SGMLファイルを通常のドキュメントへ変換

PMDAへ申請したSGMLファイルを読み込み、crossnoteドキュメントへ変換できます。crossnoteドキュメントにすれば、Wordファイルのように編集することができるようになります。

新旧比較対照表の作成

過去の履歴を用いて新旧比較対照表を作成できます。


部品へのXMLタグ設定

SGMLなどから読み込んで作成したcrossnoteドキュメントにはXMLタグが設定されており、元のSGMLデータと各部品がマッピングできるようになっています。印刷会社へデータで接続するためにXMLデータとして出力することもできます。

Wordファイルへの変換

crossnoteドキュメントはWordファイル形式に変換できます。またその際、循環形式を用いると、Wordで編集した内容を元のcrossnoteドキュメントに戻すことも可能です。


複数案件の同時対応

同一製剤に対する修正案件が同時に複数発生している場合でも、ドキュメント内が部品化されているcrossnoteならばマージが容易です。また案件ごとに派生ドキュメントを作成し、ブランチを使った編集も可能です。

レビュー・承認プロセスのサポート

crossnoteが持つ基本機能でレビューや承認プロセスを回すことができます。



お問い合わせ 評価お申込み
TEL 045-910-5825 10:00~18:00 (休日・祝日除く)
アップデイティット株式会社 横浜市都筑区中川1丁目6-35中川カスケード201