CDISC

CDISCとは

CDISC (Clinical Data Interchange Standards Consortium)とは世界的な標準開発機関で、医学研究やヘルスケア分野におけるグローバルな臨床データ交換を可能とするために設立された団体です。CDISC標準でのデータ交換のための規格が定まっており、eCTD提出においてもCDISC標準での臨床データ提出が義務付けられる見込みです。 crossnoteを使い、CDISC用データ開発時のプログラムやデータを効率的に管理するためのソリューションを提供します。

統計解析システムとの連携

crossnoteのフォルダ連携機能を使うと、統計解析システムのプログラムやデータなどを適切に管理することができます。 crossnoteは統計解析システムが出力するプログラムやデータを監視し、変更点単位で保存・管理します。 また保存時に真正性を証明するためのハッシュキー算出などを行い、利用時には自動的に真正性の検証を行います。 統計解析システムと連携した形で誰がいつ変更した、または誰がそのデータを使ったのか、というトラッキング情報がきちんと管理できるようになります。

承認フロー

crossnoteの承認ワークフローを用いて、作成されたプログラムやデータを承認管理できます。

メタデータ管理

ファイルやプログラムにCDISC用メタデータを付けて管理することができます。

お問い合わせ 評価お申込み
TEL 045-910-5825 10:00~18:00 (休日・祝日除く)
アップデイティット株式会社 横浜市都筑区中川1丁目6-35中川カスケード201